わたしのりんご〜The Apple Of My Eye〜

高身長womanふへまるが好きなことを書くブログ

メールの返信が遅い人は大抵仕事ができない

ふへまるです。

 

昔何かの記事で読んだことがありそうな擦りに擦った系の話ですが、最近つくづく本当だなと思います。

以下、能力も外見もあんな風になりたくないなという反面教師と関わるのは心身に毒だし嫌だけどたまには予防接種的な役割で大切ですよね、というお話です。

グチに属する内容なので、知ったこっちゃねーよって方は回れ右をして下さい。

また心穏やかな記事の時にお会いしましょう。

 

 

 

 

 

では、話します。

 

あまりこういう話はしたくないのに何故たまりかねこの記事を今更書くに至ったかというと、[仕事ができる・能力があること]と[返信速度と内容]は比例している、と身の回りの人間関係で特に実感することがあったからです。

選択肢の中からどれにするか、という簡単な判断をしてメールをするだけなのに、1週間、2週間とかかる人間にはほとほと呆れてしまいます。なんなら一言でいいのに。

某有名企業に勤めるキャリアウーマンな友人は、メールした中で本来オンオフ限らず一番忙しいはずなのにやはり一番返信が丁寧で早い。しかも美人。

顔の偏差値は比例するかわかりませんが、印象が更に良くなるのだけは間違いありません。プラス得点みたいな。仕事ができて美人で気遣いができる、そりゃモテるわ。

 

それに比べ、幼い頃多少仲良くしていたけれど別大学になり頻繁に会わなくなった頃から何か違う…と思い始めて今では数年に一度会うことになったりする、なレベルの方達は…今後連絡を取ることが更に嫌になる状態です。

ああ、こんな人だから、私は連絡を取らなくなり会うなんてもってのほかになったのだなと。

返信が遅いのにSNSや違う連絡ツールには張り付いて遊んでいるのを知ってしまうと…もう失笑しかありません。

 

こんな感じで、1か月余裕を持って始めたことがデッドラインギリギリになり昔ならば静かにキレそうな心持ちではありますが、2週間は笑顔の仮面を被って待っていてあげると決めているので、なんとか返信が来るまで若しくは私の2週間リミットが過ぎるまではそれらを頭のゴミ箱フォルダに入れて消去せずに放置しようと思います。

 

もうあの人達がいる集まりでは幹事なんかしねーと決めましたが、今回は最後までやります。

女にも二言はねえ。

がんばれ、私。