わたしのりんご〜The Apple Of My Eye〜

高身長womanふへまるが好きなことを書くブログ

お出掛け服のパターンを決めてみる、というお話

こんにちは、ふへまるです。

昔からファッションが大好きですが、基本的には、

  • 春夏: Tシャツにカーディガンかシャツ、ジーンズやワイドパンツにヒール靴
  • 秋冬: シャツにカーディガンかニット又はスウェットやパーカー、ジーンズにブーツかヒール靴+ジャケットかブルゾンかコート

が似合うと分かり、大体このような格好をしています。もちろん、どれも一年通して丈や生地の厚さ、柄や色は様々です。

加えても、後はワンピースくらい。Iラインタイプのワンピースやマキシワンピだったり、シャツワンピだったり、ニットワンピだったり。スカートはTPOにより時々。パンツスタイル中心ですね。

パターンがなくそのときの気分に合わせて遊ぶのはイヤリングや時計、バッグやマフラーやストール、靴などの小物。

 

これらのシンプルでマニッシュ・メンズライクな格好がそもそも好きな私はシャツ一つをとってもそこそこ種類を持っており、たとえ大まかなファッションパターンが決まっていてもいつも同じものを着ている感は主観・客観共にありません。また、骨格診断はストレートタイプでパーソナルカラーはウィンターなことも取り敢えず認識した上でそれぞれを選んでおり、普段生活する分にはこれで私的にはいいのです。問題なし。

ただ、いかんせんアラサーふへまる、この映画の中にいそうなアイビーリーグの真面目学生さん的な綺麗めカジュアルファッションだけでずっと暮らせる訳ではありません。

スーツ以外にも、いつもよりも少しオシャレなホテルやレストラン、会食に出られそうな服も必要となります。お家ご飯が好きな私達にはきっちりして行くのは実は面倒と思いがちなのですが…まあたまには、ね。

このような時にかなり困るのです。悩みまくります。雑誌でいうと美的やSWEETのような可愛い系ファッションは似合わず無理してる感が拭えなかったり膨張して見えたり。かといって自分が思うようにしていくとそこまでかしこまらない場面ではきっちりし過ぎていたり地味で1人だけ浮いたり。写真を後から見返して凹むこともしばしば。

いい感じに程よくオシャレでヌケ感のある綺麗なスタイルにしたいのに!

 

ということで、たまのお出掛けでも普段の生活のように、これらから選べばいいという服を集めて似合うお出掛け服を幾つかピックアップしパターンを決めてみようと考えました。

多分、これが一番楽だし悩まずに自分の似合うファッションで出掛けられるので。

ある意味、ジョブズ氏のいう洋服の制服化を真似した感じなのかなあと思ったり。それにしては、物が多いしバリエーションが豊か過ぎるか(笑)。彼は黒いセーターにジーンズ、スニーカーでしたものね。

そうすると、アナ・ウィンター氏がしている自分に似合う形だけをたくさん集める、にどちらかと言えば希望は近いかもしれません。

 

徐々にやる予定なので直ぐに記事にできるかはわかりませんが、この方針が今しっくりきているので進めるつもりでいます。

やはり(パンツスタイルにしろスカートスタイルにしろ)セットアップやワンピースが中心になるかなと思いますが、上手くいったらまた経過を報告します。

InRed 2018. 3月号

ふへまるです。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192149j:image

InRed 3月号を購入しました。

相変わらずの付録目当てです。

そのお目当て、Colemanとナノ・ユニバース特製のトート & ポーチがこちら。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192212j:image

インドアはもちろんアウトドアも大好きなため見慣れたロゴ・デザインです。この全天候対応のビッグトートバッグが特に魅力的だったので購入に至りました。まあロゴがなんだかんだ昔から好きなのもありますが(笑)。

当初はまた買っちゃったぜと思う気持ちもあったのですが、開けてみたらこれが自分としてはかなりアタリでして予備も欲しいくらいだったため、いつもよりも少しだけ熱量多めで以下レビューをしてみたいと思います。

 

ちなみにここからは、わかりやすいようにフィルターなしの写真です。

 

先ず、サイズ比較のために500mlの空ペットボトルを置いてみたのでそちらの写真を載せてみます。

表。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192237j:image

裏。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192414j:image

写真からお分かりいただけるように、500mlのペットボトルは十分収納できます。

A4ファイルを並べると、こんな感じ。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180216113635j:image

こちらも余裕があります。

バッグの中はビニール加工が施されており、また、どちらもファスナー付きでスムーズな開閉が可能なため、付録にしてはオンオフ共に使い勝手がいいのではないでしょうか。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180216112849j:image

かなり重宝しそうです。

ただ唯一不満は、メッシュポーチを洗濯したところ直ぐにロゴのデザインが一部、もちろん僅かにですが、欠けてしまったところです。洗うことを前提としていないと言われたらそこまでなのですが、ネットに入れて洗っても欠けてしまうのは少し寂しかったです。それ以外は文句なしに好きなんだけどなあ。

そのためにも、もう1セット購入を検討中な訳です。洗わなければ品質自体に不満はないので、ね。ただ私は潔癖症…(笑)、仕方ない。好きなら自分でどうにかするしかありませんもん。

 

誌面は、相変わらず、読み物としても洋服・鞄や靴等のファッション小物・コスメの掲載配分というかレイアウトというか全体的に眺めるものとしても好きな内容でした。マニッシュよりだけれども女らしい艶っぽさもあったり、凄くラフな格好もあればキッチリした格好もあったり。バランスがいいです。好きな系統だというのはもちろんありますが。

あと、私が昔から大好きなモデルさんの比留川游さんが特に素敵でした。

実は私…比留川游さんの印象的な眼差しに憧れてから真似してショートボブにしたこともあるのですが(笑)、今回それよりも更に短いショートになっていました。美人さんがより一層際立ちます…!

私も真似したい…!が流石に無理だと、今の髪型で自分なりの美を追求することにしました(笑)。でも誌面を眺めるだけで女でもときめきます。切り抜きして保存しておこう。

 

付録目当て・誌面目当て・比留川游さん目当て、どれにおいてもオススメです。

気になっている方は是非。

ウェディングドールの装飾品を作ってみよう 〜経緯をあれこれ〜

ふへまるです。

 

 

以前に大事な友人のため、ウェディングドールの装飾をしました。

 

私かなり暇じゃないのですが、あの友達のためならばやってあげたいと思い立った次第です。

(…他のやるやる詐欺クソ野郎一名が全く役に立たないわ口だけで一ミリもやりゃしねーわだからこの素晴らしい私がしてあげた、というのはここだけの話。しかも当日は雑な上に手柄顔でやはり大嫌い。久々に少しは愚痴らせて。)

 

最初はなんやかんや対応に疲れ果て、もう見繕って買えばいいか?なんて安易に考えていたのですが、彼女の好きな某有名カップルお人形さんは業者さんから買うとなかなかいいお値段で。しかも色々バージョン?カラー?があり、それが好きかどうか不明だし買ってちゃんと気に入ってくれるのかわからない。私この手の分野に疎いんです…。

そのため、彼女が好きだと言い持っていた記憶のあるバージョンを某公式で購入して一から装飾しました。

時間は惜しいのですが、おめでたい席に贈るものゆえ確実さを求めました(笑)。

まあ、私相変わらず凄いとめちゃくちゃ褒めながらの作業でしたが(笑)…そうでもないとやっていられない。

 

最初は大変なものを請け負ってしまったなあなんて思っていましたが、元々手芸や細かい作業が好きなのでいざ作るとなったら楽しくできました。加えて、単に友達に喜んで貰えただけでなく、私ならああしたいこうしたいという理想デザインや欲求が湧き、自分の求めるものがより鮮明になり、いい機会だったかなと今では考えています。

 

友達をイメージして作り既に彼女の手に渡ったもののため完成した形まではお見せしません。

ただ想像よりもなかなか楽しく簡単にでき、このやり方をシェアすることでこれから作る予定のある方の役に立ったら嬉しいなと思ったので、私なりにやってみた作り方や工程、完成まで後少しの状態の記事を書くことにしました。

 

ちなみに、作ったのは

  1. ベール
  2. ネックレス
  3. ハット
  4. 蝶ネクタイ

です。

今後この番号で記事をアップしていきます。

 

上記に加えて材料が余り気分が乗れば加えて作ろうと思っていたのが、

  • ブーケ
  • ティアラ
  • ドレス
  • ベスト

です。

これらは今回は余裕がなくできませんでした。

完全なる自費兼ボランティアで私1人ちまちま6時間くらいでやっていたからこれくらいで許して下さい(笑)。

 

暇さえあればまた作りたいなー。結果的には面白かったので。

今度作る機会があったら、その際にはもっと詳しく記事を書きますね。

 

それでは、これから時々upしていくので宜しければご覧になって下さい。

大人のおしゃれ手帖 2018. 3月号

ふへまるです。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192653j:image

大人のおしゃれ手帖3月号を購入しました。

今回も付録目当てです。

でも、誌面は家族と共有できる情報だしナチュラルテイストが心地よく、毎回付録目当てでありながらかなり楽しみにしています。

 

付録はこちら、TABASAの収納力たっぷり上品バニティケースです。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192741j:image

想像していたより上品で綺麗な感じが気に入りました。素敵。

 

ここからは、よりわかりやすいようにフィルターなし写真で解説します。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180210192808j:image

やはりこちらの方が見たままに近いですね。

こちらのバニティケースは、明るめな優しいオフホワイトの合皮(しかも私が大好きなサフィアーノ調!)に金色の金具、内部は黄色?山吹色?のシャカシャカ生地です。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180213202539j:image

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180213202557j:image

 

ちなみに、せっかくなので以前購入した&ROSYのメイクボックスと比較してみました。

&ROSY ロベルタ ディ カメリーノ ドレッサーボックス

  • カラー: 黒合皮(サフィアーノ調ではない)
  • 上蓋: 正方形ミラー付き
  • 金具: 金色(Rのチャーム2個あり)
  • 外ポケット:正面にファスナー式のポケット1(内部は、大メッシュポケット1、細長ポケット5)
  • 内ポケット:小メッシュポケット1
  • サイズ: 高17×幅17×マチ15(cm)

大人のおしゃれ手帖 TABASAメイクボックス

  • カラー: オフホワイト合皮(サフィアーノ調)
  • 上蓋: メッシュポケット(ファスナー式)
  • 金具: 金色(全てシンプルなロゴなし長方形チャーム)
  • 外ポケット: 正面に1
  • 内ポケット:大2、中1、小3
  • サイズ(約): 高17.5×幅16.5×マチ14.5(cm)

 です。

ちなみにそのときの&ROSYの記事はこちら。
&ROSY 2018. 1月号 - わたしのりんご〜The Apple Of My Eye〜

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180213173556j:image

実際に並べて見ても、サイズ感はほぼ同じくらい。

私は、半透明のプラスチックのボックスに入れ保存していた直ぐには使用しない化粧品やハンドクリーム、ボディクリーム、ボディスプレー等をこの2つに分けて早速使用しています。黒のロベルタ方にメイクアップ用品、白のタバサ方にハンドクリームやボディクリーム、ボディスプレー、という感じです。

似たようなボックスを2つ揃えてもなあ…と当初は購入を迷っていましたが、今は綺麗な見やすい整理整頓に用いたことで有意義な買い物だったなと満足しています。

唯一不満点があるとすれば、ファスナーが少し動かしにくいことでしょうか。&ROSYのロベルタのときと同じくらいです。まあこれは慣れたら平気ですしごく稀に感じるくらいなので注意事項程度かもしれません。

 

誌面は、先程も述べましたが、アラサーふへまるでもかなり参考になることばかりです。

というか、アラサー以上の雑誌は、キャピキャピ系(古い)ファッションでない限り、丈や生地、色合いの合わせ方が多少異なるだけでファッションの雰囲気はそれほど変化はないように思います。私が買う雑誌の傾向はどれも大きくズレていないというのとターゲット層が少しずつ被っているから、というのはあるとは思いますが、後は来ている人の肌や髪型の問題な気がします。

とにかく、どうすればこれから先綺麗に歳を重ねられるかのヒントが詰まっています。巷で見かけるアンチエイジングに躍起な女性になることはないと思いますが、自分なりに目標があり自分の思う綺麗な大人の女性を追求したいので、参考にまた時々読みたいと思います。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180213202807j:image

迷われている方、是非購入してみて下さい。 オススメです。

Dear

ふへまるです。

 

食べたものがその人を作る。

という言葉をより感じる年齢に入り始めたためか、最近、大事な人達のための料理で使用する材料や調味料に気を遣うようになりました。

これからもずっと素敵な人達と一緒に楽しく笑顔で過ごせる幸せな日々を続けていけるように。

 

簡単な例だと、使用する油をオリーブオイルやグレープシードオイル、えごま油に変更し用途に合わせてみたり。

極力余計な塩分や油分の摂取を控えるため、大体は素材や出汁で味付けができる料理を増やしたり。

後は、低糖質を考えて、粉類のものはなるべくおからを代用して作ったり。

今更感はかなりありますが。

ただ、外食やファーストフード、会食、旅行での色々食べ歩き等、体にいいものばかりでは刺激が足りず無性に〜が食べたい、というのは私もよくあること(笑)なので、無理のない範囲でやっています。

あくまでも、自炊できる日はちゃんと作ってちゃんと食べよう、という感じで。多分それだけでも今までとははるかに違うから。

 

このような駆け出し段階のため、(昔のコンビニ飯だらけの生活に戻らないように…これを面倒だとやめさせないように…)こちらに完全自己満備忘録レシピをupしていきたいと思います。ノートに書くより効率的なのです。

素人ゆえ当然かなり未熟ですが、こんなもの作ったぞーと紹介しても少しはいいかなと思えるようなのものを小出ししていきます(笑)

また、どれだけいるかはわかりませんが、私と同じように自炊や料理が気になる方の参考にもなれば嬉しいです。

 

ちなみに、昨年からおから(生おから・おからパウダー問わず)関連の料理で時々試行錯誤を繰り返しているので、おそらくおからを使用したものの記載が中心となります。

おからを使った、

  • クッキー
  • お好み焼き
  • ハンバーグ

が私的には好きなので、小出し候補はこれらになるかと。

 

お時間の許す方はまたご覧になって下さい。

ではいずれ更新しますー。

 

信玄餅アイス

ふへまるです。

先日スーパーマーケットで売っているのを見かけて、これは、と購入した信玄餅アイス。

きな粉味ベースのアイスに、黒蜜とお餅が入っています。

 f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180205133155j:image

食べ切ってから思い出したように書き起こしたので、写真が箱だけなのはご愛嬌。

とても美味しかったので、興味がある方は是非。

steady. 2018. 3月号

ふへまるです。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180209152608j:image

最近発売されたばかりのsteady 3月号を購入しました。本田翼さんのはにかんだ笑顔が眩しい表紙です。

なんて可愛らしいんだ。

ショートヘアが似合う可愛い人や美人さんが大好きなふへまるにとってはにやにやものです。キレイな方がいいですもん、美しさは幸せの素になる。

 

話は戻りまして。

相変わらずの付録目当てなこちら。普段は長財布を使用しているので、それとちょっとお出掛けに持ちたい物が無理なく入りつつもあまり大き過ぎない汚れを気にせずにたくさんデイリー使いできるような黒ショルダーバッグがないかなあと思っていたところ(要求が相変わらず多い)発見し即買いでした。

まさにドンピシャなお品がこちら。

Natural Beauty Basicの黒ショルダーバッグです。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180209153226j:image

合皮で、手触りはサフィアーノ調。すなわち水に強くウェットティッシュで拭きやすい。

はっきりとした黒と金のショルダーバッグ。無駄がなく様々なファッションに合わせやすい。

つまり私の大好き要素満載です。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180209153407j:image

中も付録にしては意外に厚いしっかりとした生地でした。ウェットスーツの薄い感じといえば伝わるでしょうか…。

中に入れた物が傷付かなくて安心できます。

f:id:theappleofmyeyes75huhemaru:20180209153711j:image

しかも、小さい見た目とは裏腹に結構開きます。この写真はファスナーをいっぱいまで開いたもの。

おかげで長財布はもちろん、キーケース、Walkman、リップ、ウェットティッシュ、ハンカチ、ティッシュという私的ワンマイル持ち物に必要な程度は余裕でした。嬉しい。

 

唯一不安なのは、ショルダーの肩掛け紐が細く耐久性が不明なところでしょうか。

まあこれは、かなり進化しているとはいえあくまでも付録なので仕方ないし、もしも直ぐに壊れてしまったとしても許容範囲内かと。

ショルダー紐だけ壊れたら、それだけ別の物を購入して合わせてもいいかなと思っています。これはこれでオリジナルのバッグになって楽しいですし。

それくらいには、バッグ自体を気に入りました。シンプルさと見た目のコンパクトさに反した意外な容量具合がいい。

 

雑誌とセットの薄いダンボールケースに収納され売っているため、最初は若干の折り目がバッグに付いており気になる方もいらっしゃるかと思います。ですが、使って入れば馴染んで気にならなくなりますので、興味がある方は是非購入して使ってみて下さい。

 

そして、誌面について。

もう春服真っ盛りという感じです。誌面全体がひらひらふわふわ軽やかなカラーに彩られていました。可愛い。

ただ、私が苦手なシフォンやレース、リボン等の装飾が多いファッションが大半ゆえに自分の求めるファッションへの直結した参考となり得るかと言われたら正直首を傾げてしまうのですが、同じ年代の方のバッグの中身披露だったり、旬なものやエンタメ情報を知ったりと読みものとしては面白かったです。

 

また付録が気になったら購入したいと思いますー。